最高のサプライズプロポーズを成功する場所や演出を一挙公開!プロポーズ応援ポータルサイト「プロポーズ大作戦」

プロポーズ大作戦 TOP > サプライズプロポーズのお役立ち情報 > 教えて!成功者に学ぶプロポーズ

付き合っている彼女や意中の女性へのプロポーズを
考えている男性にとって、実際にプロポーズを成功
させ結婚した先輩の声は、何よりも心強いものです。

ここでは、相手の女性のタイプや二人の関係に焦点をおいて、
どんなプロポーズをして成功したのか、具体例を交えながら
ご紹介していきます。

年の差カップル ◇ 年上彼女にプロポーズ

最近流行りの年の差カップル。自分よりも一回りぐらい年上の女性との結婚を決める男性も年々増えています。
大人の彼女へプロポーズを考えた時に、少し背伸びをしてでもムーディーにキメたい!と思われる男性も多いのではないでしょうか。
ですが、女性はギャップに弱い生き物です。そして、実はいくつになっても「女の子扱い」してほしいものなのです。
年の離れた大人の彼女へのプロポーズは、ディズニーランドやディズニーシーなどのテーマパークが効果的。
中でも一番成功率が高いのは、クリスマスやカウントダウンのイベントの時がねらい目です。

仕事関係で出会った10歳年上の彼女とは、俺の一目惚れで猛プッシュ。
3回目のデートでディズニーシーに行く事になったのですが、ちょうどクリスマスのイベントをやっていて。その日にプロポーズ をしようなんて計画はしてなかったのに、彼女と二人で花火を観ていたら胸にこみ上げるものがあって。
彼女の手をぎゅっと握り、「一生、この手を離さないで!」って言っていましたよ。結婚した今でも、ラブラブです。

( 20代男性 )

年の差カップル ◇ 年下彼女にプロポーズ

年齢差のある年下の彼女へのプロポーズ。若い彼女に無理に合わせる必要は、ありません。
彼女は落ち着いた大人の男性が好きな のですから、爽やかな色気やちょっとアダルトな雰囲気を前面にアピールした方が効果的です。
たとえば、雰囲気の良い高級ホテルのレストランで食事をしながら…。ポイントは、「非日常の空間」である事。
彼女が、「今まで、こんな経験した事がない」と思わせると、成功率が格段にアップするはずです。

ベタすぎて逆に退かれるのが心配でしたが、ホテルのレストランでシャンパングラスの中に、エンゲージリングを入れるという演出でプロポーズ。
一回り年下の彼女は、「ドラマみたい!」と素直に喜んでくれて、ほっとしました。

( 40代男性 )

遠距離恋愛からプロポーズ

遠距離恋愛中のカップルにとって、一回のデートはとても貴重なものです。
「今度、いつ会えるのかわからない」という不安を抱えながらの恋愛。そんな二人だからこそ、記念日を大切にしましょう。
たとえば、彼女の誕生日であったり、二人が付き合い始めた日であったり。遠距離恋愛という不安定な状態だからこそ、逆に言えば「結婚への流れを作りやすい」とも言えます。

横浜と大阪で遠恋中だった時。彼女の誕生日に、大阪に遊びに来てくれました。
「もう、このままずっと向こうに帰るの、やめちゃえよ」って言ったら、「今は無理だけど、3か月経ったらそうする」って答えてくれて。 それを機に結婚話がとんとん拍子に進みましたよ。
そんなにうまくいくとは思っていなかっただけに、「言ってみるもんだなぁ」と思いましたね。

( 30代男性 )

社内恋愛からプロポーズ

社内恋愛中の彼女にプロポーズするなら、彼女が仕事で落ち込んでいる時を狙いましょう。
そして、自分が「支えてあげたい」「守ってあげたい」という気持ちを前面に出してアピールするのが効果的。
仕事でミスをしたり、自分が思うポジションに就けなかったり…そんな時に、そっと心に寄り添ってくれる相手には、気持ちが大きく動くはずです。

彼女が仕事で悩んでいた時に、「もう働かなくていいよ。おまえは俺が守るから」とプロポーズ。
自分でも驚くほど、男らしく言えたな〜と思っています(笑)
それから半年後に彼女は会社を辞め、僕と結婚してくれました。

( 30代男性 )

お見合いからプロポーズ

お見合い相手へのプロポーズは、タイミングが重要になってきます。相手の女性にも「結婚したい」という意思は明確にあるので すから、必要なのはタイミングと勢いだけです。
プロポーズの言葉はシンプルなもので良いですが、シチュエーションにはこだわりを見せたいところ。
夜景を見下ろす観覧車の中や、海を見ながら…なんてロマンティックにキメましょう。
どんな女性でも、心の中では映画やドラマのワンシーンのようなプロポーズに憧れを抱いているものなのです。

彼女とは、初めてお見合いをした時から「結婚したい」と思っていました。まだ早いかな…という気持ちもありましたが、2回目のデートでプロポーズ。
彼女には行先を告げずに、ジュエリーショップに連れて行きました。事前に指輪を選んでおいたので、サイズの確認をしてもらい、そのまま彼女へ婚約指輪をプレゼント。我ながら、うまくやった!と思っています。

( 40代男性 )

幼なじみや友人女性へプロポーズ

恋人同士という関係ではないけれど、いつもそばにいる関係。
女性の方に恋愛感情があるのかどうかもわからない場合、彼女の心を大きく揺さぶる必要があります。タイミングとしては、彼女の誕生日やクリスマスなどのイベントの時が効果的です。
さらに、二人でイルミネーションを見ながら想いを伝える事で、ムードは一気に盛り上がります。お互いに恋人がいないのであれば、クリスマスにデートに誘いとびきりのイルミネーションを見せてあげましょう。
そして、「来年も再来年も一緒に見よう」なんてプロポーズの言葉で切り出すのがおすすめです。

友達以上恋人未満…といった感じの微妙な間柄の彼女。僕のほうはずっと恋愛対象として見ていましたが、彼女から恋愛相談をされた事もあって、自分の気持ちを言い出すチャンスを逃していました。そろそろ自分の気持ちにもケリをつけたいと思い、クリスマスに思い切ってプロポーズ。 前から見たいと言っていた、有名なクリスマスイルミネーションを見に行き、「俺には、おまえしかいない」と気持ちをぶつけてみました。彼女は、「こうなる気がしていたの」って笑っていましたよ。

( 20代男性 )

パーフェクトプロポーズプラン カフェ・カイラの貸切プロポーズプラン プロポーズ成功談募集中 プロポーズ案内人ミカ プロポーズ案内人が紹介するミカのプロポーズ体験談 プロカメラマン乗船プラン スタッフブログ フェイスブック

サプライズプロポーズフォトプラン

ページトップ