最高のサプライズプロポーズを成功する場所や演出を一挙公開!プロポーズ応援ポータルサイト「プロポーズ大作戦」

プロポーズ大作戦 TOP > プロポーズしようと思ったら

プロポーズしようと思ったら

結婚の理由

まずは、「この人と結婚したいな」と決意した理由はどのようなものかをご紹介します。

二人の将来像が見えた時

家庭的な面が見えた時

心から愛していると思えた時

子どもを持つ家庭の将来を考えた時

彼女の年齢を考えた時

理由は様々ですが、一般的にはふとした瞬間に「彼女との将来」を思い描けた時に結婚を決意するようです。
また、付き合い始めの時から結婚を意識する場合もあります。出会った瞬間に「将来像」を描ける場合や、背景に自分の両親との相性などを考え、両親と性格が合うかどうかを見極めて相手を探す場合もあります。

プロポーズまでの期間

まずは、「この人と結婚したいな」と決意した理由はどのようなものかをご紹介します。
一般的に、付き合って1〜2年の場合と3〜5年くらいでプロポーズするケースが多いようです。結婚を意識した瞬間にプロポーズする場合もありますが、二人の環境や関係性によってそのタイミングは違います。
また、5〜10年くらい付き合ってから結婚するケースもありますが、長い付き合いがプロポーズのタイミングやキッカケを取りづらくしてしまうこともあります。
プロポーズまでの期間は、付き合っていた期間に関係なく、結婚したいと思ったタイミングが重要です。プロポーズをするチャンスを見逃さずに、きちんと「結婚したい」という意思を伝えることがその後の関係を維持して行くうえでも大切です。

プロポーズの準備

結婚の決意が決まり、プロポーズしたいタイミングが近づいているなら、プロポーズの準備が必要です。一生に一度の大切な瞬間になるように、セリフや演出、アイテムを準備して、感動的な、忘れられないような思い出を作りましょう。

● セリフ
何よりも重要なのはプロポーズのセリフです。この時ばかりは、男らしく、頼りがいのある男性になって、彼女が「この人になら一生ついて行けるわ!」と思えるようなセリフを選びましょう。付き合う期間によっては普段通りの気楽なセリフで彼女をがっかりさせてしますかもしれません。彼女の状況も踏まえてタイミングも考え、身勝手な人だと思われないようにしましょう。また、自分らしさを無くしてはいけません。彼女が素直に「YES」と言ってもらえるようなタイミングとセリフを考えましょう。
日頃「結婚なんて〜」と否定的に言っている女性であっても、本当は彼からのプロポーズの言葉に憧れて待っているものです。

● 演出
演出というと、何か特別な事をしなくてはいけないような気になりますが、全てではありません。プロポーズする場所やタイミングなど、彼女が感激してくれるような雰囲気を考えましょう。
いつも一緒に過ごす部屋や、思い出の公園やレストランなどで、普段通りの二人でいる時にさりげないプロポーズは、これからの結婚生活を思わせるような穏やかな時間が流れます。
また、「プロポーズは一生に一度の特別な事」として捉え、いつもよりも高級なレストランに予約をして、この時のために用意した勝負服でプロ―ポーズをしたら、彼女にとって忘れられない素敵な思い出になるでしょう。
ドライブに行って、素敵な景色や夜景を眺めながらのプロポーズは、とてもロマンチックなものになります。 どのような演出をしても、そこは二人にとって一生の素敵な思い出の場所となります。

● アイテム
プロポーズの引き立て役として欠かせないアイテムは、男性にとって心強い味方です。彼女にとって感動的なプロポーズになるかどうかを左右すると言っても過言ではないものでもあります。
それを踏まえ、アイテム選ぶときは慎重にしたいものです。
定番の婚約指輪も、サイズはもちろん、デザインの好みなども普段の彼女をよく観察して知っておく必要があります。中には、「婚約指輪も結婚指輪も自分で選びたい」という女性も少なくないので気をつけたいものです。
また、昔からの鉄板ですが、指輪を花束の中に忍ばせてプレゼントする、直接言葉にするのではなくスイーツにプロポーズのメッセージを添える、などそれぞれのアイテムはプロポーズを素敵なサポートもしてくれます。
より彼女にとって感動的なプロポーズにするために、彼女が喜ぶような趣味や好みを知っておくことが大切です。

現実と向き合う

結婚したいと決意した瞬間にプロポーズしても、即結婚式を挙げて、結婚出来るわけではありません。彼女との約束事としてプロポーズする場合もあるでしょう。 しかし、一般的には「プロポーズ=結婚」という考え方が根強いのも事実です。そうなった時に慌てないように、プロポーズをする前に、結婚生活に向けて見直して準備しておく必要があります。

● 貯金
結婚が決まると結婚式や新婚旅行の費用など、何かと出費が増えるものです。また、結婚するまでは難なく出来た貯金でも、結婚して家庭を持ち、子どもが産まれるなど、生活して行く上で必要な費用は増える一方で、貯金をする余裕はなくなるものです。
まして、結婚すると今まで自由に使っていたお金も"お小遣い制"になって自由になるようなお金が少なくなる場合もあります。
独身のうちに可能であれば出来る限り貯金をして、将来の家族のために備えておきたいものです。

● 印鑑
結婚すると男性は世帯主として、その家の代表になる場合が多いものです。日本社会では大きな契約には何かと世帯主の署名や捺印が必要となってきます。認印・銀行印は持っていても、実印は特別な事が無い限り、作らない場合が多いものです。
大きな出費となる車や住宅購入でも必ず必要になりますし、世帯主として準備しておく必要があります。

● 趣味
彼女と趣味が同じであれば問題はないですが、自分だけの趣味や世界観を持っている人は、結婚後もそれを理解してもらえるようにしておきましょう。せっかくの楽しみであるはずの趣味の時間が、それがもとでケンカになってしまうこともあります。

パーフェクトプロポーズプラン プロポーズ成功談募集中 プロポーズ案内人ミカ プロポーズ案内人が紹介するミカのプロポーズ体験談 プロカメラマン乗船プラン スタッフブログ フェイスブック

サプライズプロポーズフォトプラン

ページトップ